クリニックについて

HOME > 婦人科|診療のご案内

婦人科

婦人科疾患を中心に診療を行います。遠方の里帰り分娩または折野産婦人科での分娩を予定されている方の妊婦健診を受け入れております。診察予約はインターネット予約で24時間受付しております。


主な診療・検査科目

診療科目 婦人科
検査と治療 一般婦人科疾患(性器出血・性感染症など)/ 不妊症(タイミング法・人工受精) / 内分泌(思春期・性成熟期・更年期・老年期)/ 子宮がん検診(子宮頚がん・子宮体がん) / 子宮頚がんワクチン / 緊急避妊・避妊・家族計画相談 / 人工妊娠中絶(母体保護法認定施設・母体保護法指定医) / OC(低用量ピル) / 月経前緊張症(PMS)・月経痛などの月経随伴症状 / 東洋医学(漢方診療・漢方専門医)/ 骨密度精密測定(超音波法)/ プラセンタ療法(注射:更年期障害、内服:自宅で服用できる)/ 月経調整(生理開始日の移動)
※不育症や体外受精は行っておりません

こんな症状はありませんか?お気軽にご相談ください。

婦人科で行っている診察、相談についてわかりやすく説明いたします。
症状や相談内容にあてはまるものをクリックしてください。

不正出血
出血している場所と原因を見つけます。併せて子宮のガンの検査もいたします。

おりものの、色・形・におい
おりものの色、形、においなどの異常があれば、おりものの検査をします。
異常があればお薬で早く解決します。

月経痛
月経やその周辺の時期、排卵の時期には痛みが出やすいです。
でも痛みが強いと日常生活にも影響が出てしまいます。
痛みの原因を考えて、快適に過ごせる方法をご提案します。

性病が気になる
  • クラミジア
    黄色っぽい膿のようなおりものやひどくなると腹痛をおこしたりします。
    まったく症状がない(不顕性感染)方もいますので注意が必要です。
    不妊症の原因にもなります。子宮の入り口の分泌物を検査します。

  • 淋菌
    黄色い膿のようなおりものが出ます。
    男性のほうが性器に痛みが出るので、症状が出やすいです。
    不妊症の原因にもなります。子宮の入り口の分泌物を検査します。

  • 毛じらみ
    最近は少なくなりましたが、強いカユミが出ます。

  • カンジダ
    強いかゆみと、特有の分泌物が特徴です。

できものが気になる
  • オシモのところにしこりがある
    目で確認できるところなので、発見しやすい場所です。
    子宮や腟が下がってきていることもありますので、大きいものは診察が必要です。
    ご相談ください。

  • おなかにしこりと痛みがある
    おなかのしこりが触れる時は、腫瘍がかなり大きくなっているサインです。
    早めの受診をお勧めします。治療法も含めてご相談に応じます。
    手術が必要な方は、提携医療機関にご紹介いたします。

  • 胸のしこりが気になる
    乳腺腫瘍に関しては、乳腺専門の医療機関を受診してください。
    乳腺炎の方は当院で診察しております。

子供ができない
  • 不妊症(女性)
    カウンセリングやちょっとしたコツで妊娠することが多々あります。
    お気軽にご相談ください。

  • 不妊症(男性)
    精液や性病の尿検査を行っています。

男女の産み分け
次のお子さんを女の子または男の子を希望される方にカウンセリングを行っております。

思春期の諸症状
  • 思春期
    思春期はからだが成長する大切な期間です。
    生理や身体の成長についてのお悩みも気軽に相談してください。
    低用量ピルで月経痛・不正出血・にきびなど改善することができます。

産後の体調不良
  • 性成熟期
    思春期が過ぎた時期は、妊娠して子育てする時期になります。
    出産を境に体調を崩したり、情緒不安定になったりすることがあります。

更年期障害
  • 更年期/老年期
    のぼせたり、動悸がしたり、イライラしたりします。
    症状が強いと日常生活にも影響が出ます。
    症状や体調に応じて、快適に過ごす方法をご提案します。

妊娠
生理が規則的にある方の場合は、生理の予定日から1週間過ぎると超音波診断装置で子宮の中に胎嚢という袋が確認できます。この時期の受診をお勧めします。
妊娠しているかどうか、ご心配な方はこの限りではありません。

妊娠中のお薬
妊娠前や妊娠後にクスリやレントゲンを受けた方は、その内容や日時をメモしておいてください。市販薬はクスリの説明書や包装紙をご持参ください。
病院でもらった薬は、クスリのしおりや包装シートをご持参ください。

人工妊娠中絶
妊娠初期(妊娠3カ月まで)の人工中絶を取り扱っています。
入院は必要ありませんが、前日あるいは当日に前処置(5分程度の処置)が必要です。
費用は11-13万円程度かかります。クレジットカードでもお支払可能です。
くわしくは担当医までご相談ください。

妊娠しない方法(避妊)
  • 緊急避妊
    コンドームの破損や装着のトラブル、妊娠が心配な性行為後に妊娠を回避するために、緊急避妊専用ピルを性行為後72時間以内にピルを服用します(緊急避妊)。
    ノルレボ(推奨)またはプラノバールを処方します。ご相談ください。服用時期と排卵時期が大きくずれている可能性が大きい場合は服用可否の判断目的で内診を行うこともあります。

  • 低用量ピル
    最も避妊効果が高く、安全性も高い方法です。
    避妊以外にも生理痛がなくなったり、生理の量が減ったり、ニキビや多毛(毛深い)が改善することがあります。副作用などが危険という印象をもたれている方が多いお薬ですが、上手に使うとすごく役に立つお薬です。
    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 避妊リング(IUD)
    お産の経験がある方にお勧めしています。
    ノバT380またはミレーナの場合、5年毎の交換です。自費の場合はクレジットカードでもお支払可能です。ミレーナは過多月経および月経困難症などで悩まれている方には、保険扱いで12,000程度の費用で挿入できます。

子宮がん検診
20歳以上の方は2年に1回の子宮頚がん検診を受けましょう。
特に近年20代〜30代の子宮頚がんの発症率が上昇しています。
詳しくはこちら

子宮頚がんワクチン
接種希望の方は直接電話(0774-64-3365)でご予約ください。
ワクチンの詳細はこちら